両国でヘルニアになったら整形外科へ

subpage1

店員などの立ちっぱなしの仕事をしている人や、事務員などのデスクワークをしている人が椎間板ヘルニアになると、仕事そのものが出来なくなってしまいます。

利便性を重視した墨田区の内科について説明致します。

両国でお悩みの方は整形外科へ行って相談するようにしてください。
ただの腰痛だと思っていたら、実は椎間板ヘルニアだったということもあるので、痛いだけでなく、しびれも感じる場合は両国の整形外科で診てもらうようにしてください。


脊椎と脊椎のあいだでクッションの役割をしているのが椎間板ですが、これがもとの場所からはみ出してしまうと、椎間板ヘルニアとなります。

腰痛を起こすだけでなく、お尻から足先にかけて痺れることもありますし、重度の場合は排尿障害を起こすので、日常生活が難しくなります。

腰の痛みや足のしびれがあるときは、無理に体を動かさずに安静にしなければならないので、布団の中で横になっているようにしてください。

朝日新聞デジタルを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

コルセットで固定したり、湿布を貼るなどして、楽な姿勢で安静にしていれば、治まる場合があります。

それでも治らないときは両国の整形外科に行けば、消炎鎮痛剤を処方してもらえるので、炎症をしずめて、痛みを抑えることが出来ます。


湿布を貼ったり、市販薬を飲んでもなかなか治らないときは、お医者さんを頼るようにしましょう。

消炎鎮痛剤だけで治らないときは、両国の整形外科では、局所麻酔剤や副腎皮質ステロイド剤などを注入してくれます。

神経の根元の部分や椎間板などに直接薬剤を注入して、炎症をとれば、痛みを緩和させられます。