他科よりも働きやすい両国の整形外科

subpage1

両国の医療業界でお仕事に従事する場合は病院などの医療施設で活躍することになりますが、在籍する科により全く特徴が異なり、そういった違いが看護師のやりがいに直結します。



そのため、異動により科が変わった際に想像していなかった程大きな差異があり、パフォーマンスを発揮することができず、再度以前の科に異動の申し出をする方が少なくありません。

日本経済新聞の様々な情報を掲載しています。

病院は症状に合わせて細分化されていますが、その中で最も看護師が働きやすいと感じるのが整形外科です。



整形外科が他科に比べ明らかに異なるのは、病棟全体の雰囲気がとても明るいためです。内科のように命に関わる病状ではないため、時間が経過すれば完治し退院できるという希望が溢れているのです。
若い世代の方々は元気が余っているので、患者同士で意気投合し注意されるほど明るい雰囲気に包まれているほどですし、医療従事者の方も真剣に怒っているわけではないので、院内でも突出してカジュアルな雰囲気です。


また、スタッフの方も世間話に付き合ってあげる余裕を持っていることが多い特徴があります。そして、整形外科で入院している方は骨折などが大半なので、回復していく様子が目に見えてわかるのがやりがいになります。

初めは落ち込んでいた方が歩けるようになり、両国の病院の近隣をお散歩に行く様子を目にするのは、周りでサポートするスタッフにとっても嬉しいものです。

また、担当者が院内で命を落とし両国の葬儀業者との間で連絡のやり取りをするというケアがほぼ無いので、メンタルに負担がかかりません。